うちの二匹のにゃんことママAとママBと。ちなみにママふたりはカップルです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

(ね)こ育ては自分育て。

・・・夜、寝る前の夫婦(あ、うちは“婦婦”だったわ☆)の会話・・・


ママB・梅「どうしたの?ぐみちゃん何か元気ないね」

ママA・ぐみ「う~ん・・・なんだかいろいろ考えちゃってさ」

「それってジジとかすみのこと?何かあったの?」

ぐみ「う~ん、具体的に“コレ”ってわけじゃないんだけど」

「うん」

ぐみ「うちにすみが来たでしょ?でさ、すみってすごく積極的じゃない?」

「そうだね。それに運動神経もいいし」

ぐみ「そうなんだよね。だからジジがいつも遠慮しちゃうの。で、どうしたもんかな、って」

「確かにそれはあるかもね。性格的にジジは一歩引いちゃう感じだもんね」

ぐみ「だからさ、最近ジジがいじけてる感じがするんだよね」

「え~?それは考え過ぎじゃない??」

ぐみ「そうなのかなぁ・・・最近なんかジジとの距離を感じるんだよね(ノД`)」

「じゃあさ、例えば一緒に遊ぶ時間を増やしてみたら?」

ぐみ「してるよ~!してるんだけど、遊ぼうとしてもすみがオモチャ取っちゃうんだもん」

「う~ん・・・じゃあ、部屋を分けて“いまはジジとの時間”ってやるのは?」

ぐみ「そうだよね。やっぱそれしかないかぁ・・・頑張ってみるわ」

ニンゲンっていろいろ考えることがあって大変ね

ジジお姉ちゃん、なんかアタシたちのことが話題になってるぽいかも・・・。

ホントね。ま、放っておきましょ。ほら、あたしたちはニャコム、ニャコム。

はぁ~い。


今日、すっごく、すっごくいけないことなのですが
すみにキレてしまいました・・・。

すみはニンゲンでいうと、まだやっと10歳になったところ。遊び盛りです。

もちろん「遊んで!遊んで!」コールも激しいし、イタズラもいっぱいします。

それは年齢相応のことだから、って分かってはいたつもりだったんですが・・・。


今日はお休みで家にいたわたし。

ところが朝から何だか風邪っぽい。鼻水ずびずばー&頭も痛い。
これは早めに風邪薬を飲んで、寝て治さねば!と思ったのですが
家にいるとそれなりにやることがありますよね。
洗濯物の片付けとか、洗い物とか、掃除とか・・・。

それらを早めにすませて寝てしまおう!と思ったのですが
そんな時に限ってすみの「遊んで~!!」コール。

ごめんね、いまはちょっと忙しいの、って言っても
そんなニンゲンの理屈なんて通じるはずもなく。

風邪っぽいからちょっと横になるね、と布団に入ると台所でドタン、ガシャン。
コラッ!!っと言っても、しばらくすると同じことの繰り返し。


ママA、ぷっちん。


そんなに怒っても
そんなにわめいても
すみのことを追いかけても
“イタズラの現場”を押さえないことには
ただただ相手を恐がらせ、萎縮させるだけだって分かってたはずなのに。

そればかりか、ジジにもいらぬ恐怖心を与えることになるって知ってたはずなのに。

怒ったあと、すごい勢いで後悔が押し寄せてきて
泣けて泣けてたまりませんでした。

しかも、しゅん・・・としてるすみをジジが“んべんべ”してあげたり
かと思うと「ぐみママを泣かせちゃダメじゃない!」って怒ったりしてるのを見ると
自分の至らなさが余計に身に染みて、もういろんなことに自信がなくなって。

で、ブログにもたびたび登場する♀♀友だち&猫先輩のTちゃんに泣きながら電話。


でも、話しを聞いてもらっているうちに少しずつ落ち着いてきました。

やんちゃは年相応のことだから仕方ないよ、ってこととか
わかっていても、先輩から言われるとやっぱり安心しますね。

あと、“イタズラの芽”はできる限り家から取り除いた方がいい、とも言われました。

そうすることでこちらも“怒る元”がなくなるので双方、いらぬストレスが減るよ、って。

確かに!!ということで、さっそく家を見直し。
すみの手の届きそうな所にあり(実際最近狙っている)オモチャは
すべて収納BOXの中にしまいました。


わたしはいままで犬しか飼ったことがなかったので
猫のいろいろなことって、当たり前ですが全てが初めて。

でも、ジジが本当に手のかからない、おとなしくて素直な子だったため
いままでこれといった苦労もせず来ちゃったんです。

そこに迎えたのが、猫らしい猫、すみ。

本当はこちらが正しい子猫の姿なんですよね。

ただ、わたしがそれに慣れていなかっただけ。

そう考えると、冒頭の「夫婦(婦婦?)の会話」なんかも
“妹ができたお姉ちゃんのケアを考える会話”ととれなくもない、かもしれません。


(ね)こ育ては自分育て。


その言葉を噛みしめている今日この頃です。



そのあと、ちゃんと二匹には謝りました^^↓ ↓ ↓ ↓
   にほんブログ村 猫ブログへ
すみには「間違った怒り方してごめんね」って。

関連記事
スポンサーサイト

| ジジとすみの日常 | 23:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

みこさんへ

本当だ・・・そっくりですねぇ!!

うちも、すみとばっかり遊ぶとジジがグレる(笑)ので
ジジとはできるだけ一対一の時間を作って遊ぶようにしています。
ちょっとでも物音を聞きつけるとすみがすっ飛んできて
あっという間にオモチャを横取りしちゃうので、
そんなときにはすみは別室で待機or手の空いている方がすみの相手役です。

> 『モカは注意すればやめるのに、ココは何で…』

わかります、わかります!!
でも、ニンゲンが十人十色なのと同じで
ネコも十猫十色(?)なんですよね。

お転婆でやんちゃだけど、それがすみの個性。
甘えん坊でとってもフレンドリーなところも、すみの素敵な個性。
そう実感できてからは、わたしもより二匹の違いを
愛おしく思えるようになってきました。

> 『今は遊べないよ』というのを伝えるには、目を合わさず無視!

なるほど~・・・勉強になります!!
それに対応してると、かえって構ってもらえる、って思っちゃいますもんね。
こうやってアドバイスをいただけると、なんだかほっ、ってします(*^ ^*)

うちの『婦婦』(笑)の(ね)こ育ては、ママB・梅曰く、わたしが真面目、
ママB・梅が自称・お気楽なんだそうです。
こういう組み合わせの方がいい具合にいくのかもしれませんね(=^ェ^=)

| ママA・ぐみ | 2011/11/11 22:20 | URL |

いたずら盛りですもんね~v-356

ホントうちと似ています

モカも何でもココに譲っちゃう。
ご飯もココが食べた後にしか食べないし、ココがオモチャで遊んでる時はじっと見てるだけ…

夜中にココが寝てる隙にモカと遊んでると…ココがすっ飛んで来る(汗)
(なるべく音が出ない様に遊んでるんだけど…)

私もココが来たばかりの頃、思いました
『モカは注意すればやめるのに、ココは何で…』って。
最近は、その違いが楽しかったり、可愛かったりしてますv-344
『今は遊べないよ』というのを伝えるには、目を合わさず無視!だそうです(可哀そうだけどv-388

『婦婦』ってなんか可愛いv-344
パンダの名前によくある同じ文字の繰り返しみたいで…
って変な例えでゴメンナサイv-356
優しい感じでほっこりしますねv-411

| みこ | 2011/11/10 00:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://uchinonyanko.blog111.fc2.com/tb.php/231-208806c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。