うちの二匹のにゃんことママAとママBと。ちなみにママふたりはカップルです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仔猫がうちにやって来た! その一。

今日は、我が家にすみ(サビ猫♀、ただいま生後6ヶ月)がやって来るまでのお話し。


じつは、二匹目の猫を飼いたいな・・・なんて話しはぽつぽつ出ていたのでした。
ママA・ぐみとママB・梅の間で。

でも、もしジジとの相性が悪かったらどうしよう、と思うとなかなか一歩を踏み出せず。

そんな折、あの大震災が起こったのでした。

さまざまなサイトで募集している、犬猫の一時預かり。
我が家でも、真剣に話し合いました。

でも、この場合“一時預かり”という名の一生飼いになる可能性が高い。
やって来る猫のコンディションもわからない。
家だって、そんなに広いわけじゃない。
猫初心者のわたしたち。もし何かあっても途中で投げ出すわけにはいかない。
本当にできるのか?責任を持って飼いきれるのか?
自問と葛藤の日々が続きました。


たとえば、猫を飼っている友だちに聞いてみても、多頭飼いへの意見はさまざま。

「猫は自分のテリトリーを大事にする動物だから、できれば一匹で飼う方がいいと思う」
・・・この友だちの友だちは、多頭飼い(二匹)を始めたところ、
お互いに♀なのにスプレー行動(!!)をとるようになってしまったそう。

こんな意見を聞くと、正直凹むし、やっぱり無理なのかも、と思います。

「ジジは落ち着いてるし穏やかだから、大丈夫だと思うよ。あとは新しい子の性格だね」
・・・たしかにジジは保護した当初からとても利口でおとなしく、飼う上での苦労はゼロ。

でも、飼ってから相性が悪いのが発覚しても・・・時すでに遅しだし・・・。

うーむ。うぅーむ・・・・・・。


そんなこんなでぐじぐじ、じめじめ悩み悩んで時は過ぎ、ある日のこと。

わたしもママB・梅もよく行く和風でほっこりできる居酒屋さん「フクマス」
店主のますおさんに、一枚の仔猫の写真を見せてもらったのでした。

すみ、生後四ヶ月くらい

なんでも、この仔も里親を探しているとか。

これが、わたしたちとすみとの、運命的な出会いだったのでした・・・。


・・・続く・・・



まだちっちゃかったすみに↓ ↓ ↓ ↓
   にほんブログ村 猫ブログへ
ぽちぽちっと応援のクリックをお願いします☆

関連記事
スポンサーサイト

| すみとの出会い | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://uchinonyanko.blog111.fc2.com/tb.php/243-4a8fe7fd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。