うちの二匹のにゃんことママAとママBと。ちなみにママふたりはカップルです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

また吐いた・・・Σ( ̄ロ ̄lll) ガーン

今朝いち、すみの避妊手術をお願いした病院の先生から電話がありました。

その後、どうですか?
嘔吐はおさまりましたか?


ママB・梅が、昨日から今朝にかけての様子・・・

嘔吐は昨日以来、ないこと。
夜、パウチ状のゴハンを少しだけ食べたこと。
ずっと寝てばかりいること・・・

などを話したところ、それじゃあ大丈夫そうですね、と言われ

ママBも、わたしもほっとひと安心していたのですが・・・


それは、夕方のこと。

相変わらず、ほんのちょっぴりの食事(パウチ)のあと
うずくまって寝ていたすみが突然起き上がってうろうろ。

もしかして、また??

と、慌ててティッシュを口の下にあてがう。


うげっ けえっ げぇっ・・・


あぁ・・・少しだけのゴハンも全部出ちゃった・・・。

あれ、あれ・・・どきどきどきどき。

嘔吐は昨日でおさまったと思ってたのに・・・。


急いで手術をお願いした病院に電話をして、容態を話す。

もしかしたら、肝臓に負担がかかっているのかもしれないね、と言われ
そのための薬を受け取りに、すみと一緒にマッハで病院へ。


実はすみ、避妊手術に当たって、麻酔の効きが非常に悪かったんです。

これは、発情の名残のせいだろうということです。

通常の注射麻酔では充分な効果が得られなかったため、
さらに吸入麻酔(ガス麻酔)も併用したとのことでした。

そのため、術後の回復の遅れ(悪心、嘔吐)や
もっと悪い場合、肝臓機能障害をひきおす可能性があるとのこと。

麻酔とはいってもやはり異物。
肝臓がその成分を分解しきれないと
肝臓障害や腎臓障害につながる場合もあるんだそうです。


病院に向かいながらも、それらのことが、あたまをぐるぐる。

すみはキャリーバッグの中でニャーニャー。


・・・ん?ニャーニャー??


なんかやけに元気そうじゃん!!


病院についても、元気(?)に鳴き続けるすみ。

先生にも「その声なら大丈夫そうだね」って言われちゃったし!!

あ、でも、もちろんちゃんと診てもらいましたよ。


猫伝染性腹膜炎(FIP)にかかった猫(猫腸コロナウイルスを持っている猫)は
まれに麻酔、手術によって発症してしまうことがあるそうなので要注意と言われ
どきどきのママふたりだったのですが・・・・・・

結果、熱も平熱だし、肝臓も腫れていないし、胃も大丈夫
(ぎゅむぎゅむ触ってわかるんだそうです)、
動きも目もしっかりしているし(鳴き声もね!)、
肝臓のことはひとまず心配いらない、と言われました。


明日かあさってにはちゃんと食べるだろう、とのこと。

とりあえず、薬は飲まずに様子見です。

あたしのことは~??

こちらは、ここ数日の自分への関心度の違いを敏感に察してむくれているジジ。

でも「フー!!」はなくなりました(笑)


まだまだ油断は禁物ですが

わたしたちがしょぼくれていたらダメですね!

笑顔で見守ることにします!!



まだまだ頑張るすみに↓ ↓ ↓ ↓
   にほんブログ村 猫ブログへ
ぽちぽちっと応援お願いします!

関連記事
スポンサーサイト

| 病院のことや体調のこと | 23:04 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

たにやんさんへ

どうもありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ

麻酔、やっぱり危険を伴いますものね。
効きが悪くて量を多く使った、と聞いて不安倍増でしたが、
先生が詳しく教えてくれたり、何でも聞けるので安心です^^

おかげさまで今日はカリカリを食べるまでになりました!!
いつものすみに戻るには、まだ時間がかかるでしょうが、
ゆっくり見守りたいと思います。

| ママA・ぐみ | 2012/02/11 23:25 | URL |

ぴよ×さんへ

避妊手術、って書いちゃうとなんだか簡単そうですが
そうですよね。お腹切るんですものね。大変ですよね(汗)
やっぱり元気もないだろうし、ダメージも大きいですよね。

でも、少しずつですが元気になってきているので
(特に今日は)すごくホッとしています。
ジジも、やっと慣れたみたいで、フーって言わなくなりました(笑)

ちょっとのことでおろおろしちゃうママふたりですが、
先生がベテランでいろいろ聞けるし相談できるので
そこのところも安心しています(=^ェ^=)

| ママA・ぐみ | 2012/02/11 23:20 | URL |

ちょこっとさんへ

ちょこっとさんちのにゃんこも吐き続けちゃったことがあるんですね。
泣きながら病院へ・・・って気持ち、よくわかります(T_T)

今日は(今日こそ!)、吐くこともなく、食べて、鳴いて、トイレに行って、
昨日に比べたらぐぐんと元気になったのですごくほっとしました・・・。
よく考えたら、お腹切ってまだ三日目ですものね。
焦らず、でも、油断しないで見守ります(=^ェ^=)

| ママA・ぐみ | 2012/02/11 23:16 | URL |

Sammyちゃんへ

コメントありがとう~!!
今日、お見舞いもありがとうね。
すみも(もちろんジジも!)喜んでたよ~(*^ ^*)

インフル、はやってるよね(汗)
手洗い、うがいをしっかりして、元気に冬を乗り切ろうね~♪

| ママA・ぐみ | 2012/02/11 23:11 | URL |

ジョアははさんへ

ちょっと何かあるとおろおろしちゃって、自分でも情けないです(T_T)
そうですね。こちらがしっかり、どっしり構えてないと
弱気な気持ちがうつって、さらに心細くさせちゃいますね。

今日は、すこし元気になってきました!!
このまま、この調子で元気になれ~!!という感じです。
どうもありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ

| ママA・ぐみ | 2012/02/11 23:09 | URL |

ふくねこ♪さんへ

どうもありがとうございます(ノД`)・゜・。

おかげさまで、今日は吐くこともなく、夜にはカリカリも食べました!
一喜一憂で頼りない飼い主ですが、
病院の先生もいろいろ詳しく対応してくれるので安心です。

手術以来、さらに甘えん坊MAXのすみ。
やっぱり心細かったんでしょうね。
いっぱいいっぱいかわいがって、リラックスさせてあげようと思います^^

| ママA・ぐみ | 2012/02/11 23:05 | URL |

心配ですー。でも定期的にお医者さんに診てもらってるから心配いらないですね。
麻酔の危険性見過ごされがちですもんね。でも、ママさんたちがしっかり様子を見ていてくれるから安心ですね。
すみちゃん早くご飯を食べられるようになって元気になりますように。

| たにやん | 2012/02/11 22:04 | URL |

すみちゃん頑張ったんですね。
少しの体調の変化でも母たちは心配です。
でもお医者さんに心配ないと言われたら安心ですね。
うちは手術後に我が家に来たので
よく分からなかったのですが大変なことなんですね。
そうですよね、小さな体で頑張ったんだものね~。
早くいつもの元気印のすみちゃんになってね。
ジジ姉ちゃんもすみちゃんと遊ぶのを待ってると思いますよ♪

| ぴよ× | 2012/02/11 18:01 | URL |

吐いちゃったのね。ご飯食べないってすごく心配ですよね。
でもていねいな病院のようですので、ひとまず、大丈夫かな?
がんばれ、すみちゃん。
そういえばうちも、手術ではないんだけど吐き続けたことがあって、
ほとんど泣きながら病院に連れて行ったら本人(病院嫌いで)
にゃーにゃー騒いで「けっこう元気ですよね?」って
言われたこと思い出しました(汗)

| ちょこっと | 2012/02/11 11:59 | URL |

ジジちゃん、大丈夫?
早くよくなるといいね。
手術の傷もよくなったら、会いにいきたいです。

人間も、インフルエンザやノロウィルスに気をつけて、
元気に過ごそうね。


| Sammy | 2012/02/11 11:30 | URL |

すみちゃん、心配ですね
でもお医者さんにお墨付きを
いただいたのなら、きっと大丈夫
若いし
「病は気から」病気じゃない人が
弱気になっていると伝染してしまうから
早く元気なーれと見ていてあげてくださいね
大丈夫ですよ、きっと(^_-)

| ジョアはは | 2012/02/11 10:49 | URL |

う~む・・・心配。(´・ω・`)
色んな事考えちゃいますよね。
でも、飼い主が元気ないとすみちゃんに伝わってしまうからね。
沢山すみちゃんを撫でてリラックスさせてあげて下さい。
ご飯少しでも食べられますように。。。(ー人ー)

| ふくねこ♪ | 2012/02/11 08:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://uchinonyanko.blog111.fc2.com/tb.php/284-44d7282f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。